栄養素とは?

栄養素をとる為には?
 「食べる」まず、食べることが栄養素をとる方法であり、日常の習慣ですね。では、なぜ食べるのか。
 皆さんが車を動かすには絶えず燃料の注入が必要なように、人間の体もまたスムーズに機能させるには食べ物の補給が必要です。特に成長期は、摂取した成分を体内組織に蓄積することによって身体が成長していく大切な時期だからです。食べることの第一目的はエネルギー及び栄養素の充足です。

SV67.gif
炭水化物
糖質と消化されない繊維があります。糖質は穀類や砂糖類の主成分で、エネルギー源として重要なものです。小腸で単糖類となって吸収されて肝臓や筋肉にグリコーゲンとして蓄積する。必要に応じて消費されます。繊維はセルロースなどを主成分とし、消化されないためエネルギー源にはなりにくいのですが、便通を良くする働きがあります。

脂質
脂質にはエネルギー源となる中性脂肪、細胞膜を構成するりん脂質、コレステロールなどがあり、脂溶性ビタミンを吸収するためには欠かせない栄養素です。大部分は中性脂肪で、体内では脂肪酸とグリセリンに分解される。脂肪酸の中でもリノール酸などは必須脂肪酸と呼ばれ体内では合成できないため、食べ物より摂取しなければなりません。

この記事のタグ

サイト内関連記事

栄養素の働き
 私たちが生きていくためには、炭水化物、脂質、たんぱく質などのさまざまな栄養素が......
栄養素一覧表
代表的な栄養素として、「炭水化物」「たんぱく質」「ビタミン」「脂質」「無機質(......
無機質について
※成人18歳以上。数値の詳細は「食事摂取基準(2005年版)」参照 カルシウム......
ビタミンについて
※1:レチノール当量。 ※2:成人=18歳以上。 ※3:α-トコフェロール ※......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

家庭の食生活ナビ。   :携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://food.s-surprise.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。