消化・吸収・代謝のしくみ

 人体には、消化管という1本の管があります。消化管は大きく分けると、口、食道、胃、小腸、大腸、肛門、で構成されています。口に入って噛み砕いものは、消化管を通る間により細かくされます。炭水化物、脂質、タンパク質は消火液の作用によって、分解され、無機質は水に溶けます。(消化される) 体に必要な栄養素は消化管の粘膜を通って血液又はリンパ管に入り、体内に吸収されます。吸収は胃や大腸でも行われますが、大部分は小腸でおこなわれます。
 吸収された栄養素は化学的な変化(代謝:新陳代謝、物質代謝ともいいます。)をしてさまざまなことに利用されます。


SV33.gif
 各臓器からは、必要に応じてそれぞれの栄養素を分解する適切な消化酵素が分泌され、そのメカニズムは非常に精巧な工場のシステムです。


●消化吸収とは?
 口から入れた食べ物が栄養素として身体の各組織に運ばれるまでには、胃や腸でさまざまな消火液にによって分解され、それが血液やリンパ液中に取り込まれる過程を「消化・吸収」という。
●代謝とは?
 各物質が複雑な化学変化を経て、エネルギーとなったり、体内に貯蔵されたり、身体の組織を作ったり、機能を調節したりすることを「代謝」といいます。

この記事のタグ

サイト内関連記事

消化酵素の作用と食物繊維の役割
■身体における消化酵素の作用 1、酵素の作用を受けて反応する物質を基質といいます......
栄養素・水分の代謝のしくみ
 栄養素と水分は体の中でどのような活動をしているのでしょうか。炭水化物・たんぱく......
身体における水分の役割
●人体の半分以上は水分  人体を構成する物質のうち、水分が占める割合は年齢、性......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

家庭の食生活ナビ。   :携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://food.s-surprise.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。