栄養素一覧表

SV70.gif

代表的な栄養素として、「炭水化物」「たんぱく質」「ビタミン」「脂質」「無機質(ミネラル)「水」の6種類があります。それぞれの働きとその成分を多く含む食品を見てみましょう。


SV71.gif


「はたらき」
エネルギーの補給
 炭水化物はエネルギー源となる糖質は、人間の消化酵素では消化されない為エネルギー源にはならない繊維もがあります。糖質のほとんどがぶどう糖に変化し、それらが酸化分解てエネルギーとなったり、脂質のアミノ酸の合成材料となります。また、かなりの部分のぶどう糖はグリコーゲンとなって肝臓と筋肉に蓄えられ。必要に応じてぶどう糖になり、エネルギーとして使われます。糖質は、エネルギー源として速やかに利用できることと、蓄えて持続的に利用できることが特徴です。

「多く含む食品」
殻類 ・いも類 ・砂糖類





「はたらき」
体つくりとエネルギーの補給
 たんぱく質は、約20種のアミノ酸が結合したのもで、アミノ酸の数、種類、結合順序などによって機能や形状が異なります。たんぱく質は、臓器や筋肉、血色素、酵素、ホルモン、免疫たんぱく質などの構成成分分や、血液の浸透圧の維持に使われ、エネルギー源ともなります。からだのつくりの全てにたんぱく質は不可欠であり、体内ではたんぱく質の合成と分解、排泄が常に行われています。

「多く含む食品」
肉 ・魚 ・卵 ・大豆




「はたらき」
生理作用の調節
 ビタミンは、生理作用の調節や、酵素の活性化をさせる補酵素として新陳代謝に使われます。水に溶けやすい水溶性ビタミン(B1・B2・Cなど)と、脂肪に溶けやすい脂溶性ビタミン(A・D・E など)があります。
 ビタミンB1は、心臓や筋肉の機能を正常に保ち、ビタミンB2は皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。ビタミンCはストレスに対する抵抗力と免疫力を高めます。ビタミンAは上皮細胞を保護・発育させて、細菌に対する抵抗力を増進します。ビタミンDは血液中のカルシウムとリンのバランスを保つはたらきがあり、ビタミンEは生殖機能を正常に保ちます。

「多く含む食品」
野菜・くだもの





「はたらき」
高エネルギー源
 脂質は、高エネルギー源として重要であり、脂用性のビタミン(A,D,E)の吸収をよくします。摂取された脂質は十二指腸でグリセリンと脂肪酸に分解され、小腸で吸収されます。吸収された脂質は腸内で再合成されてエネルギー源となり、神経組織やホルモンの合成材料にもなります。残りは貯蔵脂肪となって体温の維持に役立ちます。貯蔵脂肪はエネルギー摂取が不足した時に使われます。

「多く含む食品」
油脂類・種実類・乳製品(チーズなど)





「はたらき」
からだの構成成分と生理作用の調節
 無機質は、からだの構成成分としての役割と、生理作用を調整する役割を果たします。体の構成成分としては、骨や歯などの成分(カルシウム)や、筋肉、細胞膜、血液(鉄、カルシウム)などの軟組織の成分になります。生理作用を調整する機能としては、体液の浸透圧を正常に保つ(カリウムとナトリウム)、筋肉のはたらきを正常に保つ(カルシウムとマグネシウム)などのはたらきをします。

「多く含む食品」
海藻・種実類・乳製品


SV76.gif


「はたらき」
成人体重の約60%を占める成分
 水は栄養素ではありませんが、極めて重要な成分です。成人の場合、体重が50~60%を占め、その13分の1を失うと生命が危険になります。水は、栄養素の摂取、溶解、消化、吸収、体液の流動、代謝物の排泄、体温の調節、体細胞の維持などに使われます。
 水の大部分は飲食物により体内に摂取されます。一部は代謝時に発生し、1000kcalの食物を摂取すると約100kcalの水の酸化によって生じます。不要となった水分は、尿や汗、糞便として体外へ排出されます。呼気や体表面の蒸発としても排出されます。

この記事のタグ

サイト内関連記事

栄養素とは?
▼栄養素をとる為には?  「食べる」まず、食べることが栄養素をとる方法であり、日......
栄養素の働き
 私たちが生きていくためには、炭水化物、脂質、たんぱく質などのさまざまな栄養素が......
無機質について
※成人18歳以上。数値の詳細は「食事摂取基準(2005年版)」参照 カルシウム......
ビタミンについて
※1:レチノール当量。 ※2:成人=18歳以上。 ※3:α-トコフェロール ※......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

家庭の食生活ナビ。   :携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://food.s-surprise.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。