栄養素の働き

 私たちが生きていくためには、炭水化物、脂質、たんぱく質などのさまざまな栄養素が必要です。これらの栄養素は単独で役割を果たすだけでなく、お互い連携しながら、生活活動、成長などに必要なエネルギーを出し、生理機能の調整に当たっている。

SV68.gif

SV69.gif

●たんぱく質
 たんぱく質は体をつくったりエネルギーになるほか、酵素やホルモンとして生理機能を調整する栄養素です。アミノ酸が結合して構成され、その組み合わせと量によって、性質の異なる様々なたんぱく質が存在します。そのうち9種類のアミノ酸は必須アミノ酸と呼ばれ、体内では合成できないため食べ物から摂取しなければなりません。

この記事のタグ

サイト内関連記事

栄養素とは?
▼栄養素をとる為には?  「食べる」まず、食べることが栄養素をとる方法であり、日......
栄養素一覧表
代表的な栄養素として、「炭水化物」「たんぱく質」「ビタミン」「脂質」「無機質(......
無機質について
※成人18歳以上。数値の詳細は「食事摂取基準(2005年版)」参照 カルシウム......
ビタミンについて
※1:レチノール当量。 ※2:成人=18歳以上。 ※3:α-トコフェロール ※......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

家庭の食生活ナビ。   :携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://food.s-surprise.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。