食品添加物摂取量について

●食品添加物の使用基準
 食品添加物の使用量は、ラットやマウスによる実験で、国際的な機関が無害と確かめた量(無毒性量※1)通常100分の1の量を毎日食べ続けても安全な量(1日摂取許容量※2)とし、さらにこの量よりずっと少なくなるように法律で使い方が決められています。※3

※1: ラットやマウスなどの実験動物を使って、毎日一定の量の食品添加物を食べさせ、一生食べ続けても「有害な影響が見られない最大の容量」のことをいいます。

※2: ADI(Acceptable Dliy lntake)ともいう。この1日摂取橋許容量は、無毒性の通常の100分の1として求められる。一生食べ続けても安全と認められた量を体重1kg当たり1日に何mgまでとあらわされます。

※3: 食品添加物摂取量がADIを超えないように、食品衛生法第7条の規定に基づいて設けられています。添加物の使用基準の定め方には、
    1、使用できる食品の種類の制限
    2、食品谷対する使用料や使用濃度の制限
    3、使用目的についての制限
    4、使用方法についての制限
    などがあり、これらが必要に応じて組み合わされています。



sv65.gif

sv66.gif


この記事のタグ

サイト内関連記事

食品添加物とは?
食品添加物とは?食品の製造、腐敗の防止や保存。品質の保持や向上、一栄養価の補充......
食品添加物は何の為?
多くの食品添加物はなぜ使用するのか?それには食品添加物の役割と分担を知る必......
添加物にはどんな毒性が?
▼添加物にはどんな毒性があるのか?  食品添加物は安全なのか?危険なのか?私たち......
アレルギーと発ガンの危険性
▼発ガン・アレルギーの危険 前項では毒性試験について解説でしたが、ここでは食品添......
食品添加物一覧データ表
......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

家庭の食生活ナビ。   :携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://food.s-surprise.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。