ナイフとフォークの使い方

SV101.gif

▼洋食のマナー
SV97.gif
ナイフとフォークの使い方

持ち方・使い方
 ナイフもフォークも柄を軽くにぎり、人差し指を背に当てて持ちます。親指と人差し指に力を入れると、切りやすくなりますが、力を入れすぎたり、頻繁に動かしたりすると、音がしたりソースが飛んでしまったりするので気をつけましょう。
また、ひじを張ると見た目にも悪く、余計な力が入りやすいので、脇を締めて食べるように心がけましょう。

料理を切るときのマナー
 料理を切るときは、必ず左側から一口ずつカットして食べます。最初から全部をカットするのはマナー違反になります。

フォークの持ち替え
 右手にナイフ、左手にフォークを持ちますが、基本的にフォークは背を上にして使います。つけ合わせのライスや豆類は、ナイフで押さえながら、フォークの腹側にのせて使っても構いません。慣れない場合は、ナイフは使わず、フォークを右手に持ち替えましょう。

フォークだけで食べる
 ナイフとフォークは、ペアでセッティングされていますが、必ずしもペアで使わなくてはいけないということはありません。片手でフォークを持って食べるのは略式ではありますが、マナー違反ではありませんので、柔らかでカットする必要のない料理などはフォークだけで食べてもかまいません。また、その場合に使わなかったナイフを揃えて皿の上に揃える必要はなく、テーブルの上に置いたままでもかまいません。

手を使って食べる
 骨付き肉や殻付きのエビなどを食べるときは、手を使ってもかまいません。指先が汚れるような料理には、フィンガーボールが一緒に出される場合もあります。フィンガーボールが用意された場合は、汚れた指先は、まずフィンガーボールに片手ずつ入れて軽く洗います。その後は、ナプキンで軽く押さえて、そっと拭き取りましょう。
両手を一度に入れるのはマナー違反となります。

ナイフとフォークの基本
SV97.gif
使う順番
 アラカルトのときは、料理ごとにナイフやフォーク、スプーンが運ばれてきますので、それに応じて使えばよいですが、フルコースの場合は、テーブルの上にあらかじめナイフやフォークがたくさんセットされていますので並べられたナイフやフォークの数に、迷ってしまうこともあるでしょう。
 実際は簡単なもので、スープスプーン以外は、ナイフとフォークは左右でペアになっているので、料理が運ばれてくるのに合わせて、外側のものから使っていきます。

デザート用
 デザート用のスプーンやフォークは、テーブルの左右ではなく、テーブルの奥のほうお皿の向こう側にあります。

順番を間違えた場合
 順番を間違えたことに気づいても、そのまま食べてもかまいません。食べにくいようでしたら、無理をせずに正しいものに持ち替えましょう。通常は、ウエイターが気づいてフォローをしてくれますが、新しいものを持ってきてもらってもかまいません。

ナイフレスト・フォークレスト
 レストランによってはナイフレストやフークレストが用意されている場合もあります。これは、和食の箸置きにあたるもので、一時的にナイフフォークを休ませる目的で使われます。
 用意されてあるときは、基本的に一組のナイフフォークで食事をするものだと考えてよいでしょう。また、前菜が数種類用意されているときもフォークレストを使いますので、料理を食べ終わっても、次の料理が運ばれてくるまでにフォークレストに置き、通常右側にセッティングされていて、置く時はナイフが外側、フォークが内側になります。また、ナイフの歯は内側、フォークは上向きに置きます。

グラス
 ナイフフォーク同様、グラスも数種類がセッティングされています。基本的には右からシャンパン用、白ワイン用。赤ワイン用、水用と飲み物によって使い分けるようになっています。どのグラスを使えばいいのかは、実際にはウエイターが飲み物を注いでくれますので、心配はいりませんよ。

食事中のサイン
 食事中のときは、ナイフとフォークをカタカナの「ハ」の字になるように皿の上に置きます。このとき、ナイフとフォークの先端が重ならないように、ナイフの歯は内側に向け、フォークの背を上にして置きましょう。
 料理によっては「レイプレート」と呼ばれる皿が、料理の皿の下に重なっている場合があります。ナイフやフォークを置くときは、このレイプレートの上ではなく、料理の皿の上に置くのがマナーです。

食事が終わったとき
 料理を食べ終わったら、ナイフとフォークは、皿の斜め右の位置に二本揃えて斜めに置きます。基本的にナイフを外側、フォークを内側に、重ねないように置きます。
 このときもナイフの歯は内側にしますが、フォークは上向きにします。

ナイフフォークでしてはいけないこと
 ナイフやフォークで人や物を指すのは大変失礼なので、絶対にしてはいけません。また、ナイフで食べたり、ナイフに付いたソースを舐めたりするのもマナー違反になります。


この記事のタグ

サイト内関連記事

箸の使い方
食事中にはさまざまなマナーがあります。一般的なものを中心にご紹介します。  ま......
魚の食べ方
CHECK 魚の盛りつけは必ず頭が左、ということは知っていましたか? 切り身など......
食事中の気になる癖
人それぞれ、「癖」というのは必ずありますね。今回は食事中の「癖」に注目してみまし......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

家庭の食生活ナビ。   :携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://food.s-surprise.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。