基本的な活用方法

(厚生労働省日本人の食事摂取基準2005年版」2005年)

4、基本的な活用方法
rain[1].gif
 食事摂取基準の用途は、「摂取量を評価(アセスメント)するため」(表1)と、「栄養計画(プランニング:栄養指導計画、給食計画等を含む)を立案するため」(表2)の2つに大別される。
 なお、エネルギー摂取量の評価・判定は、BMI(Body Mass Index)を指標とし、モニタリングは体重を指標にして行う。また、計画においては、エネルギー摂取量を制限することにより、栄養素の不足を招来させる可能性が生じてくるため、エネルギー消費量、すなわち身体活動の増加も併せて計画することが望ましい。

raim2.gif
表1 栄養素摂取量の評価(アセスメント)を目的として食事摂取基準を用いる場合の概念(エネルギーは除く)1-3

 個人を対象とする場合集団を対象とする場合
推定平
均必要

(EAR
習慣的な摂取量が推定平均必要量以下の者は不足している確率が50%以上であり、習慣的な摂取量が推定平均必要量より低くなるにつれて不足している確率が高くなっていく。習慣的な摂取量が推定平均必要量以下の者の割合は不足者の割合とほぼ一致する。
推奨量
(RDA)
習慣的な摂取量が推定平均必要量以上となり推奨量に近づくにつれて不足している確率は低くなり、推奨量になれば、不足している確率は低い(2.5%)。用いない。
目安量
(AI)
習慣的な摂取量が目安量以上の者は、不足している確率は非常に低い。集団における摂取量の中央値が目安量以上の場合は不足者の割合は少ない。摂取量の中央値が目安量未満の場合には判断できない。
目標量
(DG)4
習慣的な摂取量が目標量に達しているか、示された範囲内にあれば、当該生活習慣病のリスクは低い。目標量に達していない者の割合、あるいは、示された範囲外にある者の割合は、当該生活習慣病のリスクが高い者の割合と一致する。
上限量
(UL)5
習慣的な摂取量が上限量以上になり、高くなるにつれて、過剰摂取に由来する健康障害のリスクが高くなる。習慣的な摂取量が上限量を上回っている者の割合は、過剰摂取による健康障害のリスクをもっている者の割合と一致する。

1、摂取量に基づいた評価(アセスメント)はスクリーニング的な意味をもっている。真の栄養状態を把握するためには、臨床情報、生化学的測定値、身体計測値が必要である。

2、調査法や対象者によって程度は異なるが、エネルギーでは5~15%程度の過小申告が生じやすいことが欧米の研究で報告されている。日本人でも集団平均値として8%程度の過小申告が存在することが報告されている。また、特に、肥満者で過小申告の傾向が強いが、その量的関係は明らかではない。栄養素についてもエネルギーと類似の申告誤差の存在が推定されるが詳細は明らかではない。

3、習慣的な摂取量をできるだけ正しく推定することが望まれる。

4、栄養素摂取量と生活習慣病のリスクは、連続的であるので、注意して用いるべきである。「リスクが高い」「リスクが低い」とは、相対的な概念である。

5、上限量が設定されていない栄養素が存在する。これは、数値を決定するための科学的根拠が十分に存在していないことを示すものであって、多量に摂取しても健康障害が発生しないことを保障するものではない。

6、ここでいう「リスク」とは、生活習慣病や過剰摂取によって健康障害が発生する確率のことを指している。


raim2.gif

表2 栄養計画を目的として、栄養素に関する食事摂取基準を用いる場合の概念(エネルギーは除く)1

 個人を対象とする場合集団を対象とする場合
推定平均
必要量
(EAR)
用いない。習慣的な摂取量が推定平均必要量以下である者の割合を2.5%以下にすることをめざす。
推奨量
(RDA)
習慣的な摂取量が推定平均必要量以下の者は推奨量をめざす。用いない。
目安量
(AI)
習慣的な摂取量を目安量に近づけることをめざす。集団における摂取量の中央値が目安量になることをめざす。
目標量
(DG)2
習慣的な摂取量を目標量に近づけるか、または、示された範囲内に入るようにめざす。習慣的な摂取量が目標量に達していないか、示された範囲外にある者の割合を減らす。
上限量
(UL)3
習慣的な摂取量を上限量未満にする。習慣的な摂取量が上限量以上の者の割合をゼロ(0)にする。

1、栄養アセスメント(食事摂取量のみならず、生化学的指標、身体計測値など)に基づいて、対象に応じた計画を立案し、実施することが重要である。数値は実現しなければならないものではない。なお、計画立案の基になる栄養摂取量評価(アセスメント)はスクリーニング的な意味をもっている。真の栄養状態を把握するためには、臨床情報、生化学的測定値、身体計測値が必要である。

2、栄養素摂取量と生活習慣病のリスクは、連続的であるので、注意して用いるべきである。「リスクが高い」「リスクが低い」とは、相対的な概念である。ここでいう「リスク」とは、生活習慣病や過剰摂取によって健康障害が発生する確率のことを指している。

3、上限量が設定されていない栄養素が存在する。これは、数値を決定するための科学的根拠が十分に存在していないことを示すものであって、多量に摂取しても健康障害が発生しないことを保障するものではない。

この記事のタグ

サイト内関連記事

日本人の食事摂取基準とは。
食事摂取基準は、健康な個人または集団を対象として、国民の健康の維持・増進、エネル......
日本人の食事摂取基準(概要)
(厚生労働省日本人の食事摂取基準2005年版」2005年) 1、策定の目的  ......
使用にあたっての留意点
(厚生労働省日本人の食事摂取基準2005年版」2005年) 使用にあたっての留意......
食事摂取基準表一覧
(厚生労働省日本人の食事摂取基準2005年版」2005年) 食事摂取基準を設定し......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

家庭の食生活ナビ。   :携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://food.s-surprise.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。